Happy Birthday!!

今日9月21日は娘の2歳の誕生日です^^
ブログを始めてから、初めて子供達の誕生日を迎えます。なので今日は娘のお話を。。。

でもその前に。。。
実は今日、私の大好きなお友達rieちゃんの息子くんも同じ誕生日なんです!いろいろと接点の多いrieちゃん家族なんですが、娘と同じ誕生日、ほんと驚きました。
この場を借りて。。。シュートくん5歳のお誕生日おめでとう!!遅くなってしまうけど、プレゼント送るから待っててね~!!





娘の妊娠中はいろいろとありました。
息子の時には味わった事のない、つわり(息子の時は食べづわりだった^^;)に苦しめられ、食べては吐き、飲んでは吐き。。。と。
娘は息子の時同様、セミオープンシステムだったので、健診は近所の産婦人科、出産は大きな総合病院と言うシステムだったのですが、健診の際子供の心拍が弱い、これからすぐに出産の病院で検査してください。。。と
息子は実家に預け、旦那にも急いで連絡してとあわただしくもお腹の赤ちゃんが気になり急いで病院へ。病院について検査をした結果そのままに入院に><
でも危ない状態ではなく、赤ちゃんの心拍が安定しないから、病院で入院して経過を見ましょうとの事。結局検査入院みたいな感じで2泊で帰宅できました^^

その後は経過も順調でした。39週の健診では、子宮口が少し開いているものの、まだ生まれる気配がなく。。。自宅から病院までが遠い事、息子がいる事、母が車の運転ができない事、などなど私の心配事や状況を先生にお話して、結果今回も誘発剤を使う事になり、予定前日の20日に入院が決まりました。

20日はお友達に病院までの送迎をお願いし、母と息子、お友達と4人で早めのランチをして入院しなければいけないギリギリの時間まで病院で母と息子といるつもりが。。。突然の雨!
3歳にまだなっていない息子を、雨の中バスで帰る母も大変なので、急遽そのままお友達に乗せて帰ってもらいました。
息子は予定が早まってしまい、悲しそうな顔をしながらも泣くことなく手を振って帰ってくれたので私も一安心。
そして前日の検査を済ませ明日を待つばかり。。。明日の誘発に備えてしっかり寝ておこう(笑)なんて思っていた私の意に反して、陣痛が!

旦那のおばあちゃん(子供達のひいばあちゃん)は手相や数字を見る人なんです。そのおばあちゃんに、9月は21日が一番いい数字だから21日に産みなさいと、ずっと言われ続けていたんです^^;そう言われても。。。お店の予約を取るのと訳が違うんだし。。。と旦那と苦笑いをしていたのです。それが、娘もお腹の中で聞いていたのか、21日に日付が変わった途端に陣痛が始まったんです!旦那と二人で「ばあちゃんの怨念だ」と今でも話してます(笑)

部屋で自分なりに我慢できるまで我慢して、陣痛室に移動した時にはもうかなりの痛みと短い間隔で陣痛は起こっていました。
助産師さんに、自分で電話しますか?と聞かれ私は必死に旦那に電話しました。
「もう生まれるかもしれないから、急いできて!実家にはパパから電話して!!」もうこれが精一杯。
分娩台でも大変でした。誘発の先生は私の担当医の先生でベテランだったんですが、当直の先生が若い新任の先生。なかなか生まれず、吸引をしても出てこない><看護師さんが部長先生の自宅に電話をしていたらしく、気づくとちゃんと着替えもしていないベテランの部長先生が「切れてもいいから早く出せ!子供が弱ってる!!」もうその言葉を聞いて、私も切れてもいい(笑)赤ちゃん早く出して~と。
吸引しながら、助産師さんはお腹に馬乗りになってがんがん押すし。。。
そして自分や助産師さんに血が飛び散りながらやっと娘が誕生しました。

3時24分。
3936g 51cm

とっても大きな女の子です。分娩時間は3時間と比較的早めかな?
予定日通りの自然出産は一割くらいしかない(後は早かったり、遅かったり)らしく、ぴったり予定の出産も珍しいと言われました^^
部長先生が到着した時には、旦那と息子、旦那の両親、私の母と皆すでに到着していたらしく、この先生達のバタバタ出入りしているのを見ながら大丈夫なのか?と心配していたそうです。そして分娩室には旦那しか入れない病院の規則なので、旦那がその後入ってきて私のそばにいる娘をしばらく眺め、さわり、「ありがとう。頑張ったね」と一言言ってくれました。
廊下で待っていた息子は、新生児室に移動する際娘と初対面。
初対面した息子の一言「ママのお腹にいたのは赤ちゃんまんじゃなかったね」(爆)
妊娠中、大きくなるお腹に「ママのお腹には赤ちゃんまんがいるんだよ」とずっと言っていた私と旦那。息子はそれを信じてました(笑)

のちのち落ち着いた後に旦那から聞きましたが、分娩室に入ったとき、あまりにも多量の血が私や助産師さん、床やベットの至る所に飛び散っていて旦那は軽い貧血になっていたそうです(笑)予断ですが。。。やく4kg近くで生まれてきた娘、胎盤も大きく通常1kgくらいらしいのですが、2kgあったそう。。。
この後私がお腹を押された所があざになり、腫れたのは言うまでもありません。。。

2歳。。。息子の時の2年に比べるとものすごい速さで年月がたっているような気がします。
今おしゃべりもだいぶ上手になり「ママ、あんねあんね(あのねあのね)」と一生懸命話してくれます。いたずらも息子の時よりすごいかな?(笑)でも男の子とまた違ったかわいさがあり、親も育児を楽しませてもらってます。

私たちのもとに生まれてきてくれてありがとう。私たちを両親に選んでくれた娘に感謝します。
これからもおにいちゃんと仲良く、元気にすくすくと育ってね。

忘れないようにと自己満足な記事ですが
娘の記録として書いた記事、長々と最後までおつきあいありがとうございました。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by rei-jack | 2007-09-21 05:27 | 家族

<< うふふ。。。^^ 頂き物。。。とその後のミシン② >>